【対談】「その仕事、私にやらせてください!」スタッフのやる気を引き出し、困ったときは解決するまで付き合ってくれる先輩後輩の関係性

対談-0

入社3年目の下蔭初音さんは、入社当初から一緒に働いてきた亀田圭輔さんから大きな影響を受けたという。それは「どんなお客様、スタッフに対しても思いやりを持ち、自分ゴトとして接する」ということ。常に主語が「お客様はどう思っているか」など第三者であること。そんな二人はどのようなモチベーションで働き、そしてどんな未来を描いているのだろうか。

先輩の「仕事を奪おうとするくらい」モチベーション高く働ける環境とは

亀田さんは下蔭さんが入社後初めて配属された店舗で店長をされていた。下蔭さんの最初の印象はどのようなものだったのか。

亀田:下蔭さんは入社当初からコミュニケーション能力に長けていたことをよく覚えています。機転が利くし、様々なことに対して先回りして動ける。だから接客業に向いているなぁと思いました。

下蔭:ありがとうございます!亀田さんはお客様からたくさんのお問いあわせを受けていてとても忙しそうだったので、少しでも早く私も役に立ちたいと思っていました。

亀田:入社当初からお客様に積極的に対応してくれて、接客内容もレベルが高く安心できて、まさに即戦力!でした。当社は「まずやってみる」という社風だけど、下蔭さんはまさにそうで。私のやろうとしている仕事を奪おうとするくらい(笑)、いつも『今どんなことをやっているんですか』と聞いてくれていましたね。

下蔭:亀田さんの負担を少しでもいいから減らしたいと思っていました。入社当初はまだ不慣れなことも多く戦力になれていない焦りもあったので。亀田さんは何を質問してもいつも丁寧に順を追って説明してくれたので自分の中でも整理しやすかったです。

亀田:本当?それはよかったです。

下蔭:私は自分で考えて動きたいタイプなのですが、学生時代のバイトでは行動する前から否定されてしまうことも多くありました。だけどビジョナリーホールディングスは、私の考えをまず受け入れ、そしてやらせてくれる環境だったのがモチベーションにもつながりました。

亀田:失敗してもいいから、まずは経験が大事ですよね。

下蔭:はい、もちろん中には失敗をしてしまったこともありました。コンタクトレンズについてのご相談でご来店頂いたお客様に対してご不安を感じさせてしまうようなお話をしてしまったことがあって。でもその時も亀田さんはお客様へのお話の仕方について順を追って教えてくれました。私が店舗異動して別の店舗勤務になっても、こまめに電話で気にかけてくださったことはとても印象深く覚えています。

常に様子を見守り、困ったときは解決するまで付き合ってくれた

対談-1

下蔭初音(京都四条河原町高島屋前店)・亀田圭輔(関⻄CL地区 統括SD)

下蔭:亀田さんは働く上でどのようなことがモチベーションになっていますか?

亀田:今は人を育てることが楽しい。人間は誰だって完璧ではないけれど、なにかひとつ得意なことを見つけて楽しく仕事を続けてもらうことが大事だと思っていて。職場の雰囲気やコミュニケーションの取り方には気を遣っています。売上は人についてくると思うし、人を大切にすることで結果的に企業にも利益がもたらされると思う。新入社員で入ってきてすぐは不安なこともたくさんあると思うけど、それぞれ何か役に立てることがあるよ、と伝えたいですね。それは下蔭さんに対しても同じことを思っていました。

下蔭:はい、とても感じていました。
私は性格的になにか疑問を抱えたままにするのがだめなタイプなのですが、どんな時も解決するまで付き合ってくれました。様子を常に見ていてくれている安心感がありました。

亀田:想いが伝わっていて嬉しいです!今後はビジョナリーホールディングスでどんなところを目指していきたいと考えていますか?

下蔭:今は店長を目指したいと思っています。現在勤務しているコンタクト専門店の業務と店長業務を両立しながら、長い目では働きやすい店舗や環境を作れる人になりたいです。ビジョナリーホールディングスは直接会ったことのないスタッフともチャットツールなどを活用して迅速にコミュニケーションが取れる環境が整っているので、スタッフから吸い上げた様々な意見を伝えて、改善につなげているんです。

対談-2

たとえば先日は自店メンバーから、商品の説明がうまくできないとの声が上がったので、私が説明POPを作りました。このPOPを他店へも共有したところ、うちでも使いたいと言う意見をたくさんいただきました。

亀田:すでに行動に移しているのが素晴らしいです!今では全社で使う提案表にまで進化しましたね。これからも応援しています。

下蔭:ありがとうございます!

亀田:僕の夢は下蔭さんのような人材を一人でも多く育てていく事です。
そしていつか、それぞれのポジションで活躍してもらえれば良いなと思っています。

必ずやりたいことが見つかる会社

最後に、求職者の皆さんにメッセージはありますか?

亀田:ビジョナリーホールディングスにはどんな人にも必ず活躍できる場所があります。メガネ・コンタクト・補聴器・リラクゼーションでの接客の仕事以外にも、外商やマーケティング、人事の仕事など様々な業務に挑戦することができるので、必ずやりたいことが見つかる会社です。自由度の高い組織でチャレンジしてみたい人をお待ちしています!

下蔭:私は入社するまで何もやりたいことがなかったんです。だけどビジョナリーホールディングスは自分の適性が見つかり、自己実現ができる会社だと思いました。私はルールに縛られるのが苦手なんですが、とにかく自由にやらせてくれる環境で働きやすいと感じています。どんどんやる気が出てきて、『もっといろんなことに挑戦したい!』と思える場所です。