新しいリーダーシップ。その原点は社長、店長、主任

野口喜太郎(下井草店)

野口喜太郎(下井草店)

個別化と多様化の時代を反映するかのように、個々人のやりたいことは多様化している。同じように、今日のリーダーシップのあり方も実に多彩だ。2016年に入社し、昨年9月より店長代理として活躍する野口さん。上から一律管理するリーダーシップとはひと味違う、野口さんのスタイルとは?

「売り上げ重視の店長」と「顧客重視の主任」、二人の先輩から得たもの

野口

『久しぶりのお客様のことを覚えているだけでなく、部下が接客したお客様のことも完全に把握している』・・・すごいと思いませんか?私が入社後に配属された店舗の主任がそうなんです。

2016年に入社し、配属されたのは高田馬場本店。高田馬場本店には中心人物が二人いました。前述した、接客重視で顧客を大勢抱えていた「主任」と、経営目線・売り上げの創出を主軸に置いていた「店長」。

店長は「ビジョナリーホールディングスをもっと成長させるために売り上げで貢献するのが大切」という意識が強い方。接客、楽しくやっていくことも重要ですが、それだけでは会社は成り立ちません。検査技術などの「コト売り」でお客様に満足していただくことが、対価、売り上げになることを学びました。数字を作ってビジョナリーホールディングスに貢献する一方で、顧客に寄り添うことも忘れない。そんな店長の姿勢に共感しました。
私は主任と店長、両方の刺激をバランス良くもらったと思います。

「己を磨き、高みへ持っていく」社長の熱意が入社の決め手

野口

私は今年から下井草店の店長代理になりました。今後は経験をさらに磨き、店長昇格を狙っています。様々なことに挑戦し、高みを目指していく「店長」が自分には向いていると思ったんです。

そもそも、入社の決め手は、目標の売り上げ額達成に取り組む星﨑社長の熱意に痺れたこと。己を磨き、高みに持っていく姿勢に感じ入りました。社長はただ指示を出すのではなく、目的を明確に伝える一方で社員の自発性を促す言葉を的確に投げ、一人一人の成長を喚起させるんです。高田馬場本店の先輩方にも大きく影響を受けましたが、社長にも大きく影響を受けました。

相手に寄り添う「奉仕型のリーダーシップ」

野口

というのも、私は先輩に「サーバント(奉仕)型のリーダーシップ」と評価されているんです。

普段の業務に加え、講師アシスタントもしているので「後輩の教育」に関わる機会は多いのですが、厳しく指導するというより、一人一人に寄り添いながら教える方が私には合っています。人によって難しいと思う部分は違いますから。現状を見る。そしてどこを疑問に感じているのか聞きながら教えます。みんなそれぞれ異なることができるビジョナリーホールディングスだから、一律で教えるのもそぐわないと思うんです。一人一人に教えるのは難しいけれど、やりがいがあります。

ビジョナリーホールディングスの「自分を表現できるキャリアプラン」についての対談

教えるだけでなく、自分で気づくのを待つことも大事なこと。新人の内はわからないこと・できないことが多いし、失敗することもある。現場で部下のモチベーションが下がっている時は、どうしてそうなるか、考える時間を作ってあげるようにしています。「考え続けること」が大切です。意識を持って働きかける。常に疑問を投げかけるようにして生活していくのが良いと思います。それが最終的にはモチベーションに繋がると考えています。

そもそも、先輩に質問するのって勇気がいるでしょう?私が新人の頃は固くなりがちでした。ですからあえて真面目な会話のところに軽いノリで入るなど、話しやすいようにラフな姿勢をとることもよくあります。

相手の様子を見て、こちらの出方を決める。考える時間を与える。このサーバント(奉仕)型のリーダーシップは社長のスタイルと似ていると思っています。数字を大事にすること、顧客を大事にすること、後輩の教育のスタイル・・・今の私は尊敬する方々からの刺激を受けて出来上がっています。

「働く」ことを楽しんで!

眼鏡に興味があまりなくても、何かひとつのことに熱意を持てたら大丈夫。仕事に対して「もっとこれができるようになりたい!」と思えば、自然とそれが力になって実績が残ります。そこから働くということが楽しくなると思います。慣れないうちは大変なことも多いですが、一緒に乗り越え、働くことを楽しみましょう!