【対談】その長所、こんな形で活かせるかも?ビジョナリーホールディングスの「自分を表現できるキャリアプラン」

野口喜太郎(下井草店)×鈴木大志(鴨宮店)

野口喜太郎(下井草店)×鈴木大志(鴨宮店)

2016年に入社し昨年から店長代理として活躍する野口さんは、マネージメントの道を極めるべく日々邁進している。多様なキャリア実現が可能なビジョナリーホールディングスで、2018年入社の鈴木さんは目指しているものとは?キャリアプランをテーマに、先輩と後輩に対談してもらった。

「パソコンが得意」という長所はメガネ屋で活かせるか?

野口:鈴木さんは入社して1年目ですよね。これからのキャリアについて、どう考えていますか?

野口喜太郎(下井草店)

野口喜太郎(下井草店)

鈴木:私はパソコンが得意なので、情報管理部門に興味があるんです。

鈴木大志(鴨宮店)

鈴木大志(鴨宮店)

野口:いいですね!ビジョナリーホールディングスにはいろんな職種を実現できる可能性があります。キャリアアップでマネージメントを極めていくもよし、スキルランク制度で販売や加工などの「匠」を目指すもよし。ほかにもマーケティングや教育担当など、それぞれの長所を伸ばす道を選択できます。

鈴木:そうなんですよね。「こういう活かし方もできるのか!」と。このことを店長に伝えたら「職場を見学させてもらったらどうだ」と言われ、実際に個人的にオファーして見学させてもらうことができました。そのとき「現場経験のあるスタッフがいない」と伺ったことが特に印象的で。

野口鈴木

鈴木:私は今、主にメガネ(眼鏡)の販売を担当しています。1年目のメガネ販売業務は、ビジョナリーホールディングスの基本だと思うので、今は突き詰めて勉強しているところです。こうやって今まさに現場で働いている自分が、その経験を生かしてより良いシステムを作れば、もっとビジョナリーホールディングスが前進するのではと思ってるんです。
・・・ところで、野口さんにお聞きしたいことが。

野口:はい!

疑う気持ちと、基本への忠実さが大切

野口鈴木

鈴木:目の検査に入り始めてまだ日が浅く、自分が処方したメガネの度数に自信を持つことができないんです。先輩にも確認してもらうんですが、「そもそも私の検査が間違っていたらどうしよう」と。処方したときだけでなく、生活の中でずっとかけていて大丈夫なメガネを作れているかなど、不安があります。

野口:見えるメガネというのは、しんどくなることもありますものね。私たちが目指すのは掛けてて心地の良いメガネ。日々を円滑に、豊かにするためのツールを目指しているからこそ単純ではないし、緻密で難しい。悩むところですよね。

野口鈴木

野口:お客様によって感覚は違うので、数値に関して一概には言えませんが、私は検査しながら「これで本当に大丈夫か」と、常に疑う気持ちを持つようにしています。・・・正直、私も不安を感じながら検査しているんです。そしてもし気になるところがあったら、行程を戻ってでも、もう一度検査させてもらっています。私も先輩方にアドバイスをもらいながら改善していきましたし、経験や技術をゆっくりつけていけば良いと思います。

鈴木:ありがとうございます。今現在、野口さんも不安を感じられているんですね。

野口:お客様の目は繊細で大切なものですからね。研修で習ったことを意識して、基本に忠実に作業することが大切だと思います。

「視覚化された数字」で1年目から売り上げを意識

野口鈴木

野口:私はずっと「マネージメントをやりたい」と会社に伝えていて、9月の転勤のタイミングでお話をいただき、店長代理という役職に就くことになりました。今は売り上げの数字を伸ばすために何をすべきか、意識しながら仕事をしている毎日です。

鈴木:私も店長に「数字を意識する必要がある」と教わっています。メガネの保証サービスやコンタクトの定期購入をどうすればより多くのお客様に使っていただけるかなど、店舗で話し合っています。

野口:すごいですね。なかなか1年目から数字を気にすることはないと思っていましたが・・・そういったことに取り組むきっかけなどはありましたか?

鈴木:店舗のミーティングですね。あとは、店長が販売実績を塗りつぶせる表を作ってくれたり、過去のデータを見せてくれたりしているので「自分も力にならなければ」とモチベーションになっています。

野口:なるほど。新卒の社員にもしっかりわかるように視覚化されているのは、良いことですよね。そして何よりやる気になっている鈴木さんが素晴らしいと思います!

しっかりと自分を表現できる、ビジョナリーホールディングス

野口喜太郎(下井草店)×鈴木大志(鴨宮店)

鈴木:ビジョナリーホールディングスは、自分がやりたい方向にどんどん向かっていける会社だと思います。小売業だから販売しかできないと捉えずに、自分がやれることを考え、しっかり勉強して向かっていく。そういう方が輝ける会社だと思いますし、私はそういう方と仕事がしたいですね。

野口:仕事は、好きなことだけをできるわけではないものだと考えています。しかし、熱意と向上心を持って仕事に取り組めば、ちゃんと評価してもらえるし、自分の声も聞いてくれる。ビジョナリーホールディングスにはそういう環境が整っていると思うので、仕事を通して自分を成長させたい方にはピッタリの会社ではないかと考えています。