お客様の元へ「店舗」を届ける

デザイン性も視環境も兼ね備えた最高のメガネを目指して

価格やデザイン性ばかり着目されがちですが、そもそもメガネを購入したいお客様というのは「より良く視たい」というニーズが前提にあります。

まさに「医療の半歩手前」を扱う責任として、眼の健康に対して適切なケアを行っていったり、メガネのかけ心地の調整だったり、お客様のより良い視環境のため、お伝えできることはすべてお伝えしています。

お客様とのカウンセリングの中で、最適な一本が見つかった時のお客様の笑顔が最高に嬉しいです。

お客様の元へ「店舗」を届ける

現場第一主義を、体感できるから

自分の意見を伝える場がしっかりあり、その意見がきちんと反映される環境があるのには驚きました。
現場の社員からの発信で会社が動いていくのは、他の会社ではなかなかない事だと思います。

普段から「ここはこうしたほうがいいんじゃないか」など意見の交換も活発です。
本部の人間、現場の人間という垣根がなく、まさに現場を大事にしている環境を体感できますよ。

「店舗」という壁を取り払う

ご高齢の方やお身体がご不自由な方で、思うように店舗に足を運べないお客様も多くいらっしゃいます。
もっと多くの方にメガネスーパーのアイケアサービスを体感していただくため、介護施設や病院、ご自宅へと出張訪問サービスを行っています。

関内店は訪問サービスの拠点となっている店舗なので、訪問部隊が滞りなく業務を行えるよう、検査キットをはじめとする機械整備や調整用具・工具などの備品管理、さらには移動車の清掃を含む車の整備などをさせていただいています。

眼の悩みを抱えるすべての方に、『眼』を通じて幸せをお届けすべく、笑顔を第一にお客様に向き合う毎日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加