新人を育てる即戦力研修、昇進・昇給につながる2つの研修。社員の満足度を高めるため研修内容の充実に力を注いでいる。

研修制度

ビジョナリーホールディングスは、「眼」に関する豊富な知識を備えたスタッフ達の技術水準の高さを優位性として、お客様それぞれに応じたアイケア商品・サービスを提供しているグループです。さらに、「新しい五感創出企業」という目標を掲げ、人のQOL(Quality of life/生活の質、人生の質)向上を目指すアイケアの創出に挑戦しています。

その「技術水準の高さ」を守り、進化させ、「新しい五感の創出」を予見し、導く人材を育成するために、当社の研修制度は設置されています。
研修制度は大きく2段階に分かれており、1つは入社時の「即戦力研修(新卒・中途)」があります。
もう1つは、販売力もしくはマネジメント力が高いレベルにあると認められた社員だけが受講でき、昇格・昇給に直結している「スーパー社員研修」と「ビジネススキル研修」があります。
そして、上記の研修制度とは別に、検査やメガネ(眼鏡)の調整などの技術スキルの向上を認める「スキルアップ制度」を設置しています。

当社では、これらの研修制度・スキルアップ制度を活用し、社員の知識・技術力、ビジネススキルを向上させ、社員一人一人が仕事においてもプライベートにおいても満足度の高い生き方ができるようサポートしています。

ここでは

●新入社員研修
●中途社員研修
●スーパー社員研修
●ビジネススキル研修

を紹介します。

●新入社員研修
(即戦力研修のうち新卒のみ対象の研修)

研修制度

新入社員研修は、入社後の1年1か月で5回行われます。
社会人としてのビジネスマナーから接客法、基礎から高度な検査技術まで5回に分け、懇切丁寧に指導しますので、安心してご入社ください。
この研修を終えると、メガネ・コンタクト・補聴器の販売はもとより、店舗づくりなどのマネジメントスキルの基礎もしっかり身につきます。その後は社員一人一人が、自分のやりたい仕事やビジョンに向かってスキルアップしていきます。

新人研修は講師とトレーナー、アシスタントがタッグを組んで新卒社員を教育、フォローしていきます。このうちアシスタントは前年の新卒で、社員教育に興味を持っている社員です。新卒社員と年齢が近いので、いろいろなことをフランクに話せると好評です。また翌年、自分が後輩のアシスタントになるチャンスもあります。

●新入社員研修のスケジュールと内容

・第1回目(4月・6日間)
入社日が研修1日目となり、東京(本社など)で6日間行われます。
ビジョナリーホールディングスについての解説、ビジネスマナー、お客様を検査にご案内できる程度の接客スキルなどを学びます。ロールプレイングやディスカッションが多いので、楽しみながら基本知識・技術を習得することができます。
第1回目の研修終了後は、それぞれが配属先でOJTによって、ここで学んだ知識や技術を現場で実践し、スキルを磨いていきます。
(第1回目 研修内容)
・ビジョナリーホールディングスの概要、目指すビジョン、社会的存在意義
・主力事業の説明(メガネ、コンタクト、補聴器)
・社会人としてのビジネスマナー
・接客・販売Ⅰ(お客様を検査案内へつなぐところまで。リラクゼーションの基礎)
・技術Ⅰ(メガネの簡単な調整、メンテナンス、クリーニング、鼻パッド交換など)

・第2回目(7月・3日間)
第2回目からは2グループに分かれ、グループごとに本社で研修が行われます。
5、6人で1チームをつくり、そのチームで検査技術の実技やロールプレイングをしていきます。
技術Ⅱでは基礎的検査のマスターを目指していますが、「研修だけでは時間が足りなかった」「もっと練習したい」と思う人は、毎月行われる自由参加の研修会があります。研修会に参加して、納得のいくまで技術を磨くことも可能です。
(第2回目 研修内容)
・技術Ⅱ(老眼の入らないミドル層までを対象とした基礎的検査・主に近視まで。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売Ⅱ(お客様に魅力を伝えるディスプレイの仕方、ポップの作り方など)

・第3回目(10月・3日間)
第3回目からは技術が中級レベルになり、この研修を終えると、ほぼ一通りの検査ができるようになります。
接客・販売Ⅲでは、顧客データをもとに、そのお客様にどのような商品・サービスを提案すればさらに顧客満足度が高まるのか、などの高度な販売スキルについて、ロールプレイングを楽しみながら習得していきます。
(第3回目 研修内容)
・技術Ⅲ(老眼、遠近両用、遠視、強い乱視など、難しい検査にも対応できるところまで。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売Ⅲ(データ分析力、施策を立案するスキルを学び、身につける)

・第4回目(入社翌年2月・3日間)
第4回目の研修を終えると、お客様対応のほぼ全てを一人でできるようになります。
(第4回目 研修内容)
・技術Ⅳ(当社の優位性である、両眼視機能の検査スキルを習得。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売Ⅳ(リラクゼーション技術の向上)

・第5回目(入社翌年5月・3日間)
第5回目の研修では、新人社員ではなく中堅社員にも迫れるような実践的能力を高めていきます。
(第5回目 研修内容)
・技術Ⅴ(調整、メンテナンス、加工スキルをより高度にし、完結させる)
・接客・販売Ⅴ(実施を前提とした施策をグループワークで作成)

●中途社員研修
(即戦力研修のうち中途採用者対象の研修)

研修制度

中途社員研修は、入社後の1年間で4回行われます。
研修の回数は決まっていますが受講する時期は決まっていないので、入社後の1年の間に任意で受講時期を決め、研修を受けるシステムになっています。
対象が社会人なのでビジネスマナーなどの研修は省き、すぐに店舗で活躍できる知識・技術の習得を目標とした内容になっています。メガネやコンタクトの仕事をしたことがない人にもわかりやすく、懇切丁寧に教えていきますので安心してご入社ください。

4回の研修は全て本社(東京)で行われます。これには、中途で入社した社員も本社の人事担当者と会う機会を持つという意味も含まれています。自分が勤務する店舗の店長や上司に言えない悩みや苦労も、勤務先とは離れた本社の人事担当者には話せるケースも多々あります。また、その人の解決したいことが、当社の制度などを利用してクリアになる場合は即座に制度担当の社員を紹介し、制度利用の手続きをとることもできます。本社社員とのコミュニケーションを楽しむ場としても活用しましょう。

●中途社員研修のスケジュールと内容

・第1回目(4日間)
ビジョナリーホールディングスについての解説、ビジネスマナー、お客様を検査にご案内できる程度の接客スキルなどを学びます。ロールプレイングやディスカッションが多いので、楽しみながら基本知識・技術を習得することができます。
第1回目の研修終了後は、それぞれが配属先でOJTによって、ここで学んだ知識や技術を現場で実践し、スキルを磨いていきます。
(第1回目 研修内容)
・ビジョナリーホールディングスの概要、目指すビジョン、社会的存在意義
・主力事業の説明(メガネ、コンタクト、補聴器)
・接客・販売(お客様の来店から検査メニューを説明するまでのオペレーションを習得。フレームやコンタクトの販売やレンズ提案の仕方、ブランド知識やリラクゼーションの習得。顧客検索、POS入力の仕方)

・第2回目
第2回目から検査の習得を行います。
(第2回目 研修内容)
・技術(老眼の入らないミドル層までを対象とした基礎的検査・主に近視まで。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売(お客様に魅力を伝えるディスプレイの仕方、ポップの作り方など)

・第3回目
第3回目から技術が中級レベルになります。
(第3回目 研修内容)
・技術(老眼、遠近両用、遠視、強い乱視など、難しい検査にも対応できるところまで。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売(データ分析力、施策を立案するスキルを学び、身につける)

・第4回目
第4回目の研修を終えると、責任を持ってお客様対応ができるようになります。
(第4回目 研修内容)
・技術(当社の優位性である、両眼視機能の検査スキルを習得。調整、メンテナンス、加工スキルの向上)
・接客・販売(リラクゼーション技術の向上)

●スーパー社員研修
●ビジネススキル研修

研修制度

当社には「スーパー社員研修」と「ビジネススキル研修」があります。この2つの研修は自由参加ではなく、高いスキルを認められた社員だけに受講が認めらた特別な研修になっています。つまり、高いスキルをより高めて、ビジョナリーホールディングスを牽引していく存在と認められた社員、と言えます。
販売またはマネジメントのスキルをより磨き上げ、ビジョナリーホールディングスの進化を楽しみたい人に挑戦してほしい研修です。

●スーパー社員研修
特に、販売力のスキルアップに興味を持つ社員向けの研修です。
ビジョナリーホールディングスの旗艦店などでリーダーシップを発揮し、高い販売力を誇る社員が、よりレベルアップを目指して販売力の専門知識・技能を学ぶ研修です。学んだ専門スキルを活用し、会社や店舗の販売力を高め、後輩のスキルアップをサポートする存在として大きな期待を担います。

●ビジネススキル研修
特に、マネジメント力のスキルアップに興味を持つ社員向けの研修です。
施策立案・実行などを担う力を強化するため、研修では現状に即した課題に対して、実際に通用する施策の立案などをチームで作成し、プレゼンテーションやディスカッションを行います。高めたマネジメント能力を活かし、より良い店づくりや効果的な施策を立案する存在として、将来のビジョナリーホールディングスを担う人材として期待されます。

ビジョナリーホールディングスの研修制度・スキルアップ制度に興味がある方は、お気軽に人事部までご連絡ください。